Norrøna Magazine

Travelling to places that inspire us, doing the activities we love, meeting passionate people and following the exciting everyday life of our ambassadors.

  • Røldal – o – rama

    The tale of a tiny Norwegian hamlet that became a freeride capital.

  • Tamok Valley – a Dark Bright Spot

    「この世界にとって、あなたはただの一人の人間かもしれません。しかし、ある一人の人間にとっては、あなたこそが世界そのものかもしれないのです」こんな表現を聞いたことがありますか?

  • Winter Anniversary

    ノルウェー西部にある山、Store Midtmaradalstindの「アニバーサリー・ルート」は35年前に4人の男が夢見たルートだった。このルートは、数千メートルにも及ぶ岩壁、雪、凍った苔に覆われた険しい道のりであった。

  • Canvas Hotel

    家や道路、高圧線からすら十分に離れた、完璧なバイクトレイルを想像してみてください。

  • The Family Gathering

    家族と過ごす休日のようなNORRØNAアンバサダーのチームセッション。

  • Ski touring – Summit to Shore

    ノルウエーで2番目に大きな島で、自然の宝庫。スキーツアーの聖地としてもよく知られるLofotenやLyngenからもそう遠くなく、アドベンチャーが楽しめるセニヤ島。これは今回私たちがこの島で楽しんできたスキーアドベンチャーの記録である。

  • Lyngen – The White Hotel

    ロングツーリング先として名高く、大きな山が連なったノルウェーのLyngenアルプス。このビッグマウンテンには過酷ながらも素晴らしいラインが存在する。

  • Trans Alaska

    282日を費やしたアラスカ横断3000キロの旅。道中に46頭のクマと遭遇。旅人はラーシュ・モンセンと年齢を偽って彼に同行した20歳の女の子。当時の旅の思い出を彼女に語ってもらおう。

  • Everest ’85

    1985年、ノルウェー人初のエヴェレスト遠征隊の記録を当時の背景をふまえながら読んでみよう。

  • Portrait: Tomas Carlström

    ノローナの長年にわたるパートナー、トーマス・カールストロムとの対話

  • Throwback with Christine Hargin

    Christine Harginはピッツアよりも寿司を好むが、あれこれわがままを言うタイプの女性というわけではない。

  • Bruno Compagnet; Professional Ski Bum

    ピレネー出身の彼の風貌は歳を経た凄みがある。だが、彼の目を一目見れば、顔のシワは笑みを絶やさず生きてきたことの証であることがわかるはずだ。

  • A day out – Tobi Tritscher

    トレーニングすること、仕事をすること、そして待つこと。Tobi Tritscherは今の自分の生活がこの3つに集約されると語る。だが、我々は彼のことを気の毒に思うことはなかった。これから雪が降り始めると、彼にとって素晴らしいシーズンが到来するのだから。

  • Trango

    「トランゴについて話しをすることはまだ苦しい。私にとってはとてもデリケートなことだし、本当の思いは心の奥底にしまったままなのだ。」1984年にトランゴでのクライミングに挑戦したスタイン・ピーター・アーシェイム。

  • Lofoten – Colors Completely Coordinated

    「天候が今ひとつかな。5分待ってくれる?」セス・ホビーはアメリカ人だが、ロフォーテン諸島の山地で6年間ガイドとして働いていた。今では、ロフォーテン諸島の第四世代の漁師が、漁場の海流や波を熟知しているように、この土地の天候や雪の状態を的確に把握している。

  • The-Reindeer-Hunters

    「本当に長い時間歩き続けたなぁ」 とNorrønaのベテラン・ハンティング・アンバサダーのマーティン・ブロムは秋のベストハンティング・トリップの一つを思い起こしながら語った。

  • A-day-out—Birdwatching

    ハンティング・アンバサダーのヤン・エリクとマーティン・ブロムと過ごした一日

  • Indian summer in Nelson

    険しくて手強いトレイル。木々に囲まれたダートを縫うように走っていく。レイドバックした雰囲気。世界で最も伝説的なバイクスポットの一つであるこの場所は、これらの要素をすべて兼ね備えている。その場所とは、ブリティッシュコロンビア州のネルソンだ。

  • Robert’s top picks from Norrøna

    パタゴニアでは、あらゆるタイプの天候に備えなければならない。ここは、強風に見舞われ、場所と高度によって、毎日温度が激変する土地なのだ。

  • Japan – A day out

    僕らはアンドレアスとともに、日本人の友達を訪ねることになった。今回の旅の目的は、日本のすばらしいパウダースノーを思う存分満喫することだった。そして、僕らは日本ですばらしいひとときを過ごした。

  • Behind the seams: Norrøna down™750

    なぜ今ダウンなのか? ダウンとプリマロフトの違いは? Norrøna 独自のダウンジャケットの特性は何か? どのような羽毛が使用されているのか? 今回は、ダウン™750について深く掘り下げていきます。

  • Higher Ground

    「少なくとも3日間はこの日のことを憶えていると思います」とインドのヒマラヤ山脈奥深くにあるGondlaの村人はこう語った。

  • Steep Antarctica

    「もし今回のウルベンタナへの旅の感想を手短にまとめるならば、厳しい天候に見舞われ、おまけに時間があまりにも足りなかった。勇敢さには、やや欠けたものの、我々の友情は厚く、周りの景色はうっとりするほど素晴らしかった。で、まだ成し遂げていないことが2、3残っているっていう、っていうところかな」

  • North Nirvana

    リンゲンアルプスを体験せよ。それはまるで、命令のようなメッセージだ。

  • Profile: Andreas Ygre Wiig

    スノーボーダーのアンドレアス・イグレ・ヴィーク(32歳)にとって人生で最も大切なのが、パウダースノー。来シーズンに向けて、彼はいま絶好調だ。

  • Georgia – The other place

    手つかずの自然が残る場所でスキーをしたいのならば、グルジアに行くことをおすすめする。

  • Portrait: The Climber

    世界最高のクライマーのひとりであるマグナス・ミトボ。 彼はNorrønaの新たなアンバサダーとなった。

  • Portrait: Christine Hargin

    Norrønaに新しく加わったアンバサダー、クリスティーン・ハージンは、フリーライド・ワールドツアーの女性部門で優勝を果たした女性である。

  • Recon – behind the seams

    90年代初頭にノルウェー海軍特殊部隊のために開発したことから始まったNORRONAのミリタリーシリーズ recon。その後、スウェーデンとデンマークの特殊部隊からのリクエストを受け、1998年にreconシリーズが製品化されました。

  • The Svalbard Scenes

    Norrønaには、スバルバールと呼ばれている、アウトドアのアクティビティ用にデザインされた有名なコレクションがある。今回は、スバルバール諸島のレポートをお届けする。

  • Swiss Quality

    列車は山のなかを縫うように進んだ。 我々はスキーに行くところだ。

  • Narvik Backcity Riding

    街を選べ、山を選べ、4月を選べ、 そして、ノルウェー、ナルヴィックを選べ!